ニキビの原因

ニキビの原因

ニキビは小さな膿疱や丘疹です。皮脂腺が詰まってアクネ菌が感染すると、膿疱が発生し、赤く腫れ膿がたまります。

ニキビは思春期に発生する可能性が最も高いのですが、どの年齢でも起こる可能性はあります。

思春期はホルモンが変化します。これにより、毛穴の皮脂腺が活発になります。女性の場合はホルモン変化は、十代の頃および月経の周りに起こる可能性があります。

ニキビは、顔、背中、胸、肩に最も頻繁に影響します。これは、毛穴が多く、皮脂腺も多くある部位になるからです。

ニキビは、10代の子供の80%以上が発生すると言われています。 青年期を迎えると、男性は3%、女性は12%に低下します。

ニキビに関するこの記事の要約

  • ニキビは紅斑から嚢胞に至るまでの過程で重症度がある。
  • 皮脂腺がより活発になり、死んだ皮膚細胞や皮脂が毛穴を詰まらせ、時には菌が感染し発症します。
  • ニキビは青年期に起こる可能性が高いですが、どの年齢の人にも影響を与えることがあります。
  • 特定の食品がニキビを引き起こすことは断言できませんが、健康的な食事を摂取するとリスクが軽減する可能性があります。

ニキビの種類

ニキビにはいくつかの異なる種類の吹き出物があり、異なる症状が現れます。

白ニキビ

角質が皮膚に閉じ込められできたニキビです。小さく、肌色の丘疹のように見えます。

黒ニキビ

黒ニキビは皮膚の表面からはっきりと見えます。角栓が空気に触れ酸化し、黒や濃い茶色に変色したものです。

赤ニキビ

これ炎症を起こし膿でいっぱいになっている状態です。皮膚の表面にはっきりと見え、炎症で赤くなり、膿が上部に浮き上がってきます。

結節

これらは大きいしこりのようになっている状態です。膿が皮膚の深部にたまり固まっている状態です。

嚢胞

これらは皮膚の表面にはっきりと見えます。膿で満たされ、炎症を起こし通常は痛いです。大きな嚢胞は一般に傷になりやすいです。

ニキビの原因

ニキビは、毛穴に皮脂や死んだ皮膚細胞が詰まることで起こります。ときどき菌によって感染し炎症に至ることがあります。

皮脂腺

皮脂腺は皮脂を分泌する小さな皮腺で、皮膚や毛髪に潤いを与えるワックス状または油状の物質です。

皮脂腺は、手の手のひらと足の裏を除いて、体のいたるところにある私たちの皮膚の毛穴の中にあります。顔や頭皮には他の部分よりも多くの皮脂腺があります。

腺が毛穴の内部で皮脂を生成すると、新しい皮膚細胞が絶えず生成され、古い皮膚細胞は排出されえます。

ときには、死んだ皮膚細胞が落ちずに、毛穴に残って、皮脂と一緒にくっついて、毛穴を塞いでしまいます。

皮脂腺は、思春期により活発に皮脂を生成するので、毛穴の閉塞は思春期に発生する場合が多いです。

細菌感染

皮脂および死んだ皮膚細胞が蓄積して毛穴を塞いでしまうと、アクネ菌などの細菌の増殖を促してしまします。

アクネ菌は基本的には皮膚に対して無害ですが、状況によっては問題になります。菌が増殖すると、免疫反応を引き起こすし、皮膚の炎症につながります。

その他の原因

一般的にホルモンの変化や遺伝的要因での皮膚細胞や皮脂の過剰な生成が主な原因と言われていますが、他の原因もないとは言えません。

良い悪いバクテリア

皮膚には、腸のように、病気や病気の原因となる「悪い」細菌(悪玉菌)を防御する「良い」バクテリア(善玉菌)を持っていると示唆する科学者もいます。

ワシントン大学医学部の研究者らは、ニキビ患者の20%の皮膚において2種類のアクネ菌株を発見したが、健康な皮膚の人にはこれらの菌株を持っていない傾向にあった。

アクネ菌の別の株は反対の効果を示した。ニキビを患っている人はその株を持っていない傾向にありましたが、健康な皮膚の人はそれを持っていました。

これによって、特定のタイプの細菌が、ニキビの重症度や頻度を決定することを示し得るのではと考えられます。研究者らは、これらの細菌がホルモンや皮脂のレベルなどのさまざまな要因と相互作用する可能性があることを示唆しています。

酵母感染

膿疱性大腸菌の酵母が毛包に入り、増殖して、ニキビに似た小さなかゆみがあり丸い吹き出物のかゆみを引き起こします。主に胸部、肩、背中上部に発生しますが、顔にも影響を及ぼします。

ほとんどの人はこの酵母を肌に持っていますが、あまりにも増殖すると、問題を引き起こす可能性があります。若者から中年の男性と女性の両方に起こる可能性があります。

湿気の多い環境、合成繊維製の衣服、油性の肌クリームを使用すると、これがさらに悪化する可能性があります。

これらの症状はニキビと同じではありませんが、しばしばそれと混同されます。

ニキビに通常使用される抗生物質を間違って使用すると、酵母を抑制する細菌を殺してしまい、状態を悪化させる可能性があります。

食事

食物は体内で吸収され新たな細胞を作るために利用されます、健康でバランスの取れた食事が健康を促進することが知られているため、日々の食事がニキビに影響する可能性があります。

皮脂を心配して食事から過剰に脂質を減らすことは間違いです。ナッツ、種子、オリーブオイルなどから得られる脂質は、炎症のコントロールに役立ちます。

ビタミンA、D、およびEは、健康な皮膚を維持する役割を果たしていることが知られているので、これらのビタミンの十分な供給が、ニキビの予防に役立つ可能性があります。

砂糖とチョコレートはニキビを引き起こすと言われていますが、科学的根拠はありません。

研究では、低GI食品は、血中インスリン濃度の低下、アンドロゲンの低レベル、およびニキビの可能性の低下と関連があるとされています。

しかし、低GI食品ばかりになると、穀物および有用な栄養素の摂取を阻害してしまう可能性がありますので十分注意してください。

ニキビは皮脂の生成に関連していますが、食事中のすべての脂肪を避けることはお勧めできません。健康に必要なDHA・EPA(多価不飽和脂肪および一価不飽和脂肪)は、身体に必要なものです。無脂肪または非常に低脂肪の食事は、皮膚を乾燥させ、逆に皮脂の生産を増加させてしまう場合もあります。

ナッツ、種子、オリーブ油から脂肪をよく摂取すると、肌の炎症を抑え、健康な血糖値を維持し、皮膚に十分な水分レベルを維持し、バクテリアをバリアと免疫反応で防いでくれます。

ニキビカテゴリの最新記事