黒ニキビって何?原因や対処法について

黒ニキビって何?原因や対処法について

黒ニキビは、毛穴の表面に浮いた皮脂が酸化し黒ずんでしまった状態です。

黒ニキビはコメド(面皰)の一種です。角栓と呼ぶのがポピュラーですね。角栓は排出された皮膚細胞と皮脂が混ざって毛穴が詰まり固まったものです。

角栓で毛穴が塞がれると、角栓の皮膚表面に露出した部分が空気中の酸素と反応して酸化し黒くなります。

一般に汚れと混同されがちですが、黒くなるのは皮膚の清潔さの問題ではありません。

黒ニキビは、角栓で詰まることによって毛穴の周りの皮膚が開き、空気が溜まり、皮脂や死んだ皮膚細胞が酸化して黒くなることで起こります。

黒ニキビは、顔、背中、首、胸、腕、肩に多く発生します。これは毛穴が多くある部位だからとも言えます。

黒ニキビの原因

黒ニキビが発生しやすい原因はいくつかあります。

年齢やホルモンの変化は重要な要素です。ニキビの他の症状と同様に、ホルモンレベルの変化が皮脂の生産量を増やします。思春期はホルモンの分泌が盛んになるので皮脂の量も増えます。しかし、思春期だけに限定されるものではなく、どの年齢でも出現する可能性があります。

男性ホルモンであるアンドロゲンは、皮脂の分泌を高め、思春期は皮膚細胞の代謝が活発になります。男女ともに、青年期に男性ホルモンのアンドロゲンの分泌が高まります。

女性の場合、思春期の後、月経、妊娠、および避妊薬の使用になどによりホルモンの変化が起こる可能性があります。

皮膚細胞や皮脂の過剰分泌は、黒ニキビを引き起こす可能性があります。

その他の要因には、

化粧品による毛穴の詰まり

激しい発汗

髭剃りや剃毛などで毛穴を開く

ストレス

急速な皮膚細胞の代謝を促進する薬物

etc

黒ニキビの症状

主な症状としては、黒ニキビの名の通り小さなく黒いポツポツです。

黒ニキビは、ニキビの症状の一種ですが、開いた毛穴に詰まった角栓に空気が触れて発生するので、いくつかの点で他のニキビとは異なります。

黒ニキビは炎症性のものではありません。これは、吹き出物や膿疱とは違い、菌による感染ではないので、痛みや不快感を引き起こすことはありません。

黒ニキビは表面が盛り上がっていますが、他のニキビよりも平坦です。

黒ニキビは痛みなどはないのですが、外見に現れるので、人によっては人目を気にしたりしてストレスになる可能性があります。

黒ニキビは危ない?

黒ニキビは、重度のニキビが既に存在していない限り、めったに皮膚科のお世話になることはありません。

黒ニキビ自体は深刻な問題ではありません。しかし、黒ずみが気になってしまいなんとか治そうと手で触ったり押し出そうとしたりした際、皮膚を傷つけ悪化させてしまうケースはよくあります。

黒ニキビの対処法

クレンジング

顔を優しくピーリングできるスクラブ入りのクリームや洗顔料がおすすめです。できれば敏感肌用の物を探しましょう。あとアルコール成分など肌を乾燥させるものは避けてください。

皮膚に残る過剰な油分を減らして皮膚を乾燥させることは大事なことではありますが、あまり乾燥させると、皮脂腺が余分な皮脂を生成する刺激になるため、事態を悪化させる可能性があります。

化粧品を選ぶ

油性の化粧品は毛穴を詰まらせてしまいます。毛穴を詰まらせず、毛穴をきれいにしておきましょう。どうしても油性の化粧品が必要な場合は、クレンジングや洗顔はしっかり行いましょう。

薬品による治療

アゼライン酸、サリチル酸、過酸化ベンゾイルは、黒ニキビに対して有効な成分です。こういった成分が含まれている基礎化粧品やクリーム、医薬品を利用することも一つの方法です。

ニキビカテゴリの最新記事