髭の脱毛は脱毛サロンとクリニックどちらが良い?違いをご説明します

髭の脱毛は脱毛サロンとクリニックどちらが良い?違いをご説明します

脱毛サロンと病院で脱毛するのと何が違うの?

髭を脱毛する際にどこで施術を受けるのかはとても重要です。

脱毛サロンと脱毛クリニックの違いを知って、自分に合った方法を選びましょう。

表で比較。髭の医療脱毛と脱毛サロンの違い

 医療脱毛エステ脱毛
施術回数約5回約15回
照射出力照射出力が強い照射出力が弱い
脱毛期間短期間長期間
診察医師の診察カウンセラーの診察
肌トラブル医療行為可能医療行為不可
痛み痛みが強い痛みが弱い
痛みの軽減麻酔などが可能アイシング(冷やす)
1回の施術費用高い安い
衛生面高いお店による
安全面高いお店による
アフターケア医療行為可能医療行為不可

脱毛サロンと病院(クリニック)の違いについての表の説明

上記は、クリニックでのレーザー脱毛と脱毛サロンの違いを簡単にまとめたものです。

脱毛の仕組み自体はクリニックでも脱毛サロンでも変わりません。

一番の違いは出力の違いです。

医療行為としてのレーザー脱毛は一般の人では扱えない高い出力の脱毛器を使用できます。

脱毛サロンの場合、医療行為はできませんので、医療用レーザーよりも出力が低い脱毛器しか扱えません。

そのため、1回あたりの施術効果、施術回数が変わってきます。

その代わり、医療脱毛の方が1回あたりの施術は高くなるのが一般的です。

痛みについても高出力の医療用脱毛器の方が痛いです。

髭の脱毛は他の部位よりも痛いです。

クリニックの方は病院なので麻酔や笑気ガスなど医学的な痛みの軽減方法を選ぶことができます。

脱毛サロンは医療機関ではないので、痛みの軽減方法は皮膚を冷やして感覚をマヒさせるという方法が取られます。

安全面については、医療脱毛は医療機関には医師が常駐しているため、施術中にトラブルが発生しても適切な処置が行うことができます。

厳密には脱毛サロンは減毛。医療脱毛は脱毛。

実際のところ、脱毛サロンと医療脱毛の効果の違いは、上記にも書いたようにレーザーの出力にあります。

医療用レーザーの出力は毛根を破壊することが可能なほどに高出力です。

毛根の破壊は医療行為に当たるため、医師のいない脱毛サロンでは出力が抑えられた脱毛器を使用して減毛にとどまる処置を行っています。

針脱毛やレーザー脱毛は医療行為とされ、医師のいないエステティックサロンでの営業には法的問題があった。また、高額な内容であるにもかかわらず、その場ですぐに契約させようとするといった問題もあった。厚生労働省が、2001年に『医師免許の無い者がレーザー脱毛をすることは医師法違反』と通達した厚生労働省の通達のを受け、各エステティックサロンは、業界団体の再編やそこでの検討を経て、レーザーの出力を一定値以下に抑えるなどして対応している。
wikipedia:レーザー脱毛

まとめ

上記に書かれている内容は、脱毛効果だけ考えると医療脱毛が良いと考えてしまうと思います。

脱毛サロンは効果は医療系に劣るかもしれませんが、店舗営業としてサービスで勝負するところも多く、通いやすいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

医療脱毛は効果が高いけど、病院の独特の雰囲気が嫌いでしょうがない方は脱毛サロンを選ぶでしょう。(私は役所の雰囲気が大嫌いです。)

私は、人の価値観は人それぞれ異なると思っている人間なので、どちらが良いかについてはご自身の判断にお任せしたいと思います。

以上です。

ひげ脱毛カテゴリの最新記事